FC2ブログ

ヘルパー嫁のつぶやき介護ブログ Part2

H28・7月に義母永眠。介護終えたか?と思ったら…次は義父。認知発症からの記録を書いてます。

Top Page › 認知症    介護 › 隣のおじいさん。
2019-09-26 (Thu)  11:22

隣のおじいさん。

133-01.png

昨日のディから帰るおじいさんを待ってると・・救急車が空き地に停まった。

たまたま門から出ていた私は・・ ん?家に?と思い込んだ。が!しかし 違ってた。

空き地に停めたのは隣の家に行くためだった。隊員の方がバックを持ち走り隣へ。(お隣さんは農家なんよ)

そういえば・・・隣の家のおばさんは・・・去年春ごろから姿を見なくなった。よく畑仕事してたんだけどね。

おじいさんが外出してたのは見てたので、 おばあさん施設にでも入所したのかな~なんて思ってた。

そうこうしてるうちに、今年夏ごろから姿見なくなった。このおじいさんは働き者で、早朝5時から庭の掃除。草取り。畑と動いてました。

主人に伝えると。

「多分寝こんでると思うなぁ・・・年が歳だしなぁ・・」と。

そっ!隣のおじいさんと家のおじいさんは同い年。94歳。

で、その息子たちである隣の息子さんと主人は同級生。同い年。69歳(はっ・・歳バラしちゃったよ・・まっいいか~

数か月、このお爺さんを見かけてなかったので、どうしてるのかはわからず。

息子たちも同級生ではあるが、隣どうしても挨拶だけで会話したことがない。


数分後タンカーに乗せられ出てきたおじいさんを見たとき・・・・

何とも言えぬ思いだった。。。 精気がなく青白い顔をしうなだれ‥救急車に乗せられたが。

その乗せられたまま30分過ぎたごろに発車した。

たぶん受け入れる病院をさがしてたんだろう。

その様子を主人に伝えたら。

「前の家と我が家のどちらが先になるか・・・だな。」と。

俺も〇〇君も正念場だな・・・ 親を看るということは大変なんだぞぉ!・・って。  ぉぃぉぃ

そこは・・ん~・・まっいいっか~ぁ~俺の立場もあるんだぞぉ~!って言いたかったんだもんね。

そっ!親が亡くなるってことは。この家のこと(相続)とかいろいろ考えたんだろうね。

この歳になっていろいろ考えるようになった。いままで親に甘やかされてきたから今になって焦ってるんだよな~

俺・・一人っ子だったから 我がまま好き勝手な事してきたから~ こうなったら遅いよなぁ・・・




ん~。。。 あたしは、あなたと共に暮らすようになった時から思ってたけどね~ お兄さん・・・


考えが浅はか!?  やはり経験が物を言いますよね・・・ 

ほんま お坊ちゃんな ご主人 後期高齢になるんですよ?あなたさん。

もうちょっと しっかりせんかぁ~~~!

fd3db_1313298061_94女中
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-09-26

Comment







管理者にだけ表示を許可