FC2ブログ

ヘルパー嫁のつぶやき介護ブログ Part2

H28・7月に義母永眠。介護終えたか?と思ったら…次は義父。認知発症からの記録を書いてます。

Top Page › 認知症    介護 › 昔の記憶。(徘徊の始まり)
2020-02-04 (Tue)  21:21

昔の記憶。(徘徊の始まり)

95歳の誕生日を終えて数日。
この前もいろいろと奇妙なこと、動きがありましたが。今日もありました。
起きた時からおかしな言語を話しており。
ベットから降りる場所もいつもと違ってて。

あぁ・・・今日もちょっと・・まずいかも・・・なんて思ってましたが。
二度寝したので、少しは落ち着くかな?なんて思ったのは間違い。

9時ごろ二度寝から起きたのは良いのだけど。
言語が可笑しい。ん?ん?もしかして・・今日もあれか?(幻影・幻聴の始まり)
起きた途端喋りだし、訳のわからないことを言い出した。
よくよく聞いてみると、昔住んでいたところの地名が出て来てる。
その地区の会合に行かなくてはならない。
3000円持って行くには金がない。などと話してる。
何才頃の話なのか・・・?
その話が終えたと思ったら、玄関の方へ歩き出し。
誰かがわしを呼んでいる。カズエか?(孫娘の小さい頃のことを言ってる)
誰かにいたずらされたか?などとも言いつつ、玄関の方へ。
その後を記録を取りながら着いて歩く私。

さてさて、何をするのか?様子を伺ってました。
そうしたところ、靴を出し始め、スリッパを履いたまま、靴を履く行為をしてました。
その行為を数分行い、履き始めたは良いが、立てなくて、お尻をすりすりしてるが疲れたのか、その場に横になる。
疲れたのかな?と思い見てましたが、また起き上がり、同じ行為を繰り返していました。
やく2時間同じことを繰り返してましたね。
その様子を見てて、この人の人生観をみたような感じがしました。

普通なら、苛立ちが先になるんですが、今日はゆっくりこの人の行動を見ていてやろう。
この人の数十年前の思いを見てみよう。そう思い、穏やかな気持ちになれました。
2時間過ぎた頃諦めたのか、靴を履く行為はやめました。諦めた様子。
玄関から車椅子に乗せ、寝室へ連れて行き寝かしつける。

午後1時に目が覚め、お菓子などをバクバク食べてました。
そこからまた話はじめ、20時ごろまで止まらず、ずぅ~~~~~~~~ぅと話してましたよ。
戦争で、中国で戦った話。騎兵隊で馬に乗って戦場で指揮官をしていた話など、永遠と続いてましたが、最終には、やはり認知が混じった話なども。
トイレにデカくて太い蛇がお爺さんに絡まって来てびっくりした!?とも・・・

ふむ・・今、ここを書き上げてる時、ガラス戸が開く音・・・
トイレに起きたみたい。
1時間も寝てないわよ。やはり興奮状態は続いてるんだわ。いやはや・・・寝てくれないかな。。。
・・って。排便が先月1度あったきりで、お腹に溜まってる感じ。
下剤飲ませたけど効果なし。
どうしたもんか・・・だから身体の変調でおかしくなってるのかな?なんて思う北湖であった。
さて・・爺さん寝るかな?起きてるだろうな・・・
パンツ下げたままトイレから出て来てるし。

様子見てこうよか。
入れ歯洗ってました。そうですね・・・30分は洗ってるでしょ・・・何度も何度も繰り返して。
終わる頃見計らってまた行くとしますか。と思っていたら、下から騒ぐ声が。
階段を降りて、洗面所見るが居ない。寝室を見ても居ない。はてさて何処へ?
暗闇の中から声が…( ̄▽ ̄;)💦
そぉ~ぉっと近づくと…和室の暗闇に姿が。どうやら方向を失ったらしい。( ̄▽ ̄;)💦
車イスに乗せ寝室に連れていき寝かしつけました~😅
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-02-04

Comment







管理者にだけ表示を許可