FC2ブログ

ヘルパー嫁のつぶやき介護ブログ Part2

H28・7月に義母永眠。介護終えたか?と思ったら…次は義父。認知発症からの記録を書いてます。

Top Page › 認知症    介護 › 生前贈与
2019-03-25 (Mon)  08:27

生前贈与

お爺さんが取引してる銘柄があります。

担当者から数日前に、今の状態では取引が難しいとのことで話がありました。

その話し合いに主人も同席してもらい話を聞いてもらいました。

担当の方は私だけで良いと言われたんですが、こちら様の資産に関することなので。

嫁の立場(再婚嫁)ですので、こちら様に関することに口出しするのはなぁあ~。。

そんなことを思い、主人同席に。

で、担当の方は資料を出し説明するのですが、お爺さん分からず。

耳が遠いのもあるので大きな声で説明願います。と、担当の方に伝え話してもらう。

やはり見ている限り理解不能。(あぁ。。むり。。)と。

主人は元々取引をしてるのもあり、ある程度の内容はわかったんですが。

お爺さん。。。目は虚ろ。。ぼーっとしてました。

で、数日が過ぎ、昨日ですがその資料を眺め読んでました。

そこに新聞の集金に来た方がインタホーンをならしたので、出ようと思い立った瞬間ふらつき。

ふらつきよろめき後ろに後ずさりになり転びそうに。

そこに椅子があったので、どうにか着地し座りました。

( ´Д`)=3 フゥ・・・そこに椅子があってよかった。。と内心思いました。

そこに椅子が無ければ、そのまま転び、戸棚の角に頭をぶつけたら大変なことに。

そのショックで横になってましたが寝てはいませんでした。

この転びは数回。自分でも転んでは危ないことはわかってるようです。

「もう。。わしいかんなぁ。。」と一言。

でも、お爺さんのお持ちになる資産は息子には譲る気はないようす。

そりゃね~。。今まで頑張ってきたんだし、息子といえどもね。

それに息子を信じてないようだし。

主人は、亡くなってからの手続きとか、資産での税金などを考えたら。。と言ってはいますが。

本人が返事をしない限りね・・。

でも本人は、理解できなくても「わしはまだまだ大丈夫ぢゃ!」と思ってるからね。

でもね。。94歳だしね。いつ何があってもおかしくない年齢だし。

今元気でいても次は?なんてわかりゃしないしね。

あたしたちだって親より先に死を迎えることだってあるし同じだし。

あぁ~この先のことはここの世帯主と息子さんに任せるしかないですよね。

再婚嫁だし、嫁は他人と言いますからね。何の権限もなく、ただただ介護するだけなんですよね(笑
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-03-25

Comment







管理者にだけ表示を許可